• Home 弁護士への相談

弁護士への相談

離婚をしたいならば弁護士に相談をすることをおすすめします。特に協議離婚でまとまらないようであれば、弁護士に相談をすることによって、自分に有利な条件で離婚ができるようにサポートしてくれるでしょう

離婚たとえば離婚をする際に親権者になりたいという方がいるでしょう。この場合は当人の話し合いだけでは決着しないことが多いのです。親権者というのは親のどちらか一方しかなれないものです。親権者になるためには自分が親権者としてふさわしいことをアピールする必要があります。その際には弁護士の助けを借りると良いでしょう。

また、離婚をする際に慰謝料が関わることも珍しくありません。相手から慰謝料を請求したいという方もいれば、逆に相手から慰謝料を請求されてしまうという方もいるでしょう。このような問題を解決する際にも弁護士の助けを借りると良いのです。そうすれば力になってくれるでしょう。

相手方が離婚に同意してくれないこともあります。この場合も弁護士に相談をして、交渉や調停、訴訟などの代理人になってもらうこともできます。弁護士ならば代理人としてさまざまな行動をしてくれるからです。無料で相談できるところが多いため、まずは弁護士に話をしてみましょう。


関連記事

  1. 離婚をする
  2. 必要な手続き