弁護士への相談

離婚をしたいならば弁護士に相談をすることをおすすめします。特に協議離婚でまとまらないようであれば、弁護士に相談をすることによって、自分に有利な条件で離婚ができるようにサポートしてくれるでしょう

離婚たとえば離婚をする際に親権者になりたいという方がいるでしょう。この場合は当人の話し合いだけでは決着しないことが多いのです。親権者というのは親のどちらか一方しかなれないものです。親権者になるためには自分が親権者としてふさわしいことをアピールする必要があります。その際には弁護士の助けを借りると良いでしょう。

また、離婚をする際に慰謝料が関わることも珍しくありません。相手から慰謝料を請求したいという方もいれば、逆に相手から慰謝料を請求されてしまうという方もいるでしょう。このような問題を解決する際にも弁護士の助けを借りると良いのです。そうすれば力になってくれるでしょう。

相手方が離婚に同意してくれないこともあります。この場合も弁護士に相談をして、交渉や調停、訴訟などの代理人になってもらうこともできます。弁護士ならば代理人としてさまざまな行動をしてくれるからです。無料で相談できるところが多いため、まずは弁護士に話をしてみましょう。


関連記事

  1. 離婚をする
  2. 必要な手続き

必要な手続き

離婚の際にはさまざまな手続きが必要となります。まず、離婚の手続きというのは複数存在しています。まずは本人達の話し合いで解決する協議離婚です。これで解決できない場合には調停離婚をすることになります。これでも解決できないと裁判離婚をすることになってしまいます。

離婚協議離婚というのは夫婦が話し合いをして離婚をすることです。日本の離婚のほとんどがこちらの協議離婚となっています。夫婦間の同意さえあれば良いです。市区町村役場には離婚届というものがあり、こちらを提出すれば良いのです。ただし、子供がいる場合は親権者を選択する必要があります。慰謝料や財産分与、養育費などについて話し合いをする必要もあります。

協議離婚でまとまらない場合には調停離婚をすることになります。この場合は家庭裁判所が調停委員を用意してくれるため、第三者を交えて話し合いを進めていくことになるのです。そのため、調停離婚でもあくまでも話し合いをしていくことになります。

調停離婚でも離婚が成立しなければ裁判離婚となります。こちらは裁判所の判断によって離婚できるかどうかが決まるというものです。この決定は絶対的なものであり、きちんとその結果にしたがわなければいけません。


関連記事

  1. 離婚をする
  2. 弁護士への相談

離婚をする

離婚をしたいという方は増えています。昔と比べると離婚をするためのハードルというのは低くなっているのです。何か不満や悩みがあれば、すぐに離婚をするという選択をする方が増えているのです。社会的にも離婚は許容されるようになっており、離婚をせずにずっと悩み続けるよりも、思い切って離婚をしてしまった方が良いという考え方の方が一般的となっています。

離婚しかし、離婚をするためにはさまざまな手続きをしなければいけません。必要な手続きをして、きちんと届け出をすることによって、初めて離婚が成立するのです。たとえば書類を作成する必要があり、夫婦でいろいろなことについて取り決めをしなければいけないでしょう。ここでトラブルが発生してしまうこともあり、どのような手続きをしなければいけないのか分からなくなってしまうこともあるのです。

離婚をする際には法律の専門家に相談をするとスムーズに手続きを進められることが多いです。たとえば弁護士に相談をしてみると良いでしょう。弁護士に話を聞いてもらうことによって、どのような手続きが必要となるのかきちんと教えてもらうことができるのです。また、配偶者とも話し合いをしなければいけないのですが、そんなときにも弁護士というのは頼りになります。

こちらでは離婚をする際にどのような手続きが必要なのかを紹介しましょう。また、その際に弁護士への相談をすることのメリットについても教えましょう。こちらを参考にして、スムーズに離婚しましょう。


関連記事

  1. 必要な手続き
  2. 弁護士への相談